カテゴリー「 義務化 」の記事

16 件

土地や建物などの不動産を取得した場合、所有者は登記を行うことでその所有権を第三者に主張できるようになります。
今までは罰則が無かったため登記がなされずに登記情報が古くなってしまっている土地が、国土の約22%あると言われて …
不動産を相続すると名義変更をする必要が生じ、それにともなう登記手続きは総称して、相続登記と呼ばれます。
不動産関係の名義変更には時間と手間がかかるため、これまで相続したマンションや土地の名義変更をせず、そのまま放置 …
相続登記をせずに放置されるケースが多いことから、法律で相続登記を義務化することになりました。
相続登記はしなくても問題はなかったのですが、法律の改正により2024年4月1日から義務化されることになります。
遺留分の制度を利用すれば、最低限の相続を実現することが出来ます。
いざ相続が発生した場合、できることなら相続税の支払いは少なく抑えたいもの。
他に兄弟がいる場合のおひとりさまの場合、遺産相続や介護の話となった場合、融通がききやすいと思われがちです。
遺産相続では基礎控除額を超える遺産があった場合、相続税が課税されます。
PAGE TOP